松尾です。

> このcommitで、twittering-status-formatの%tが
> fill-region-as-paragraphされたものに置き換わるように
> 変更されましたが、現在の初期設定の
> 
> (defvar twittering-status-format "%i %s,  %@:\n  %t // from %f%L%r%R")
> 
> を例にすると、fillされた%tの後に" // from %f%L%r%R"が
> 付加されてフレームの幅を超過してしまうことがあるので、
> 画面表示が以前の実装に比べて崩れてしまうと感じています。

あああ、すみません。%tの前ばかり気にして後を考えてません
でした。%tの意味をさらに拡張したものをcommitしました。
前後の改行までの文字列も含めてfill-region-as-paragraph()を
かけて出力するようになっています。

これで初期設定
(defvar twittering-status-format "%i %s,  %@:\n  %t // from %f%L%r%R")
については以前と同じ表示ができると思います。

%tの変更の後、
・%T → fill-region-as-paragraph()しない、テキストそのもの
・%FILL{...} → {}内の文字列をfill-region-as-paragraph()して出力
の2つを追加するつもりでした。

%Tと%FILLを追加すれば、
(defvar twittering-status-format "%i %s,  %@:\n%FILL{  %T // from %f%L%r%R}")
にすればユーザ側でfill-region-as-paragraph()するかどうかを
選択でき、fillされる部分も明らかになるので良いと思うのですが
どうでしょうか。

---
松尾 直志 <t...@mymail.twin.jp>

------------------------------------------------------------------------------
This SF.Net email is sponsored by the Verizon Developer Community
Take advantage of Verizon's best-in-class app development support
A streamlined, 14 day to market process makes app distribution fast and easy
Join now and get one step closer to millions of Verizon customers
http://p.sf.net/sfu/verizon-dev2dev 
_______________________________________________
twmode-users mailing list
twmode-users@lists.sourceforge.net
https://lists.sourceforge.net/lists/listinfo/twmode-users

メールによる返信