もりもとです

> ports/local とかで独自の ports を作って入れてしまう、という手もあります。
>
> そして ports の管理は portupgrade を使い、pkgtools.conf の ALT_PKGDEP で
> 'lang/perl5' => 'local/perl5-custom' などと張り替えてしまうとか。

なるほど、
実際、互換性がないほど独自のモノを入れているワケじゃないので、
この方法は良さそうですね。

結局・・・
ソースインストールしてあった様々なライブラリまでが上書きされて、
サーバーのサービスの半分以上が動かなくなくなったことが判明。
一日がかりで作り直し、と相成りました。。

package/ports、トラウマになりそうです。。(^^;

- YAMANEKO / Mao
http://yamamaya.com/
http://wiki.livedoor.jp/yamamaya_com/

メールによる返信